dカードゴールドの年会費を回収するには?

ハピタスでの大幅ポイントアップのチャンスを活かして、dカードゴールドを先日申込みました。

dカードゴールドは無料カードではなく、年会費が10,800円かかりますので、それに見合うように利用しないと損してしまいます。

入会時に多くのポイントをもらったのですが、もらったポイントを毎年の年会費で食いつぶすようなことはしたくありませんね。

また、ケータイの紛失・故障補償や国内・海外旅行保険など、ゴールドカードならではの充実したサービスが用意されていますが、毎年毎年これらのサービスのお世話になるわけでもないと思います。

そこで、どうすれば毎年の年会費1万円を回収することができるか、考えてみました。

dカードゴールドのオトクな入会キャンペーンの詳細についてはこちら。

各ポイントサイトではdカードゴールドの申込で得られるポイントを大幅アップキャンペーン中です。さらに、ドコモのキャッシュバックも合わせて受け取ることもできます。特にハピタスだと大変オトクです。人気殺到の可能性がありますので、申込みはお早めに!

年会費回収のための方法

dカードゴールドの毎年の年会費を回収するために考えられる方法としては以下があります。

  1. ドコモケータイ/ドコモ光利用料金の10%ポイント還元を利用する
  2. dカードゴールド年間ご利用額特典を利用する

1.については、ドコモケータイ/ドコモ光の利用料金の10%分がdポイントとして還元されるというものですので、ドコモケータイ/ドコモ光の合計利用額が毎月9,000円を超えていれば1年間にもらえるdポイントが年会費以上となります。

2.については、年間の利用額が100万円を超えればケータイ割引クーポン、d fashionクーポン、dトラベルクーポンなど、10,800円相当のクーポンなどがもらえます。また、年間利用額が200万円を超える場合は21,600円相当のクーポンとなります。

両方の特典を活かすことも当然できるわけですが、私の場合、ドコモの利用料金はもともと0円ですので、1.は私にとっては意味がありません。

私のように1.での回収が不可能な人は、2.を利用して年会費を回収することになります。

関連記事はこちら

月々の通信費、特にスマホ代にウン千円、ウン万円と、かけていらっしゃいませんか?本記事では、誰でもできるドコモのスマホ使用料を0円にする方法をご紹介します。

dカードゴールド年間ご利用額特典について

では、年間ご利用額特典で特典をゲットする方法について考えてみます。

その前に、この特典についてのおさらいです。

・年間利用額100万円以上(税込)~200万円未満(税込)の場合
以下から一つ選択。

ケータイ割引クーポン 10,800円相当
d fashionクーポン 10,800円相当
dトラベルクーポン 10,800円相当
d fashion、dトラベルクーポン 合計10,800円相当(5,400円ずつ)
dTVターミナルクーポン 12,722円相当

・年間利用額200万円以上(税込)の場合
以下から一つ選択。

ケータイ割引クーポン 21,600円相当
d fashionクーポン 21,600円相当
dトラベルクーポン 21,600円相当
d fashion、dトラベルクーポン 合計21,600円相当(10,800円ずつ)
dTVターミナルクーポン + dfashionクーポン 23,522円相当 + 10,800円相当
dTVターミナルクーポン + dトラベルクーポン 23,522円相当 + 10,800円相当
dTVターミナルクーポン + d fashion + dトラベルクーポン 23,522円相当 + 5,400円相当 + 5,400円相当

※2018年3月以降、「dショッピングクーポン」追加予定。

dカードGOLDをメインで利用し生活費の決済に利用していけば、この特典の恩恵を受けることができる方も多いのではないでしょうか。

具体的には、光熱費、食費などの生活費や何かしら毎月支払っているものが他にあればそれらもdカードゴールドで払うようにし、自動車関連の税金なども同じようにカード払いにすればよいと思います。

私の場合は、電気代、ガス代、auひかり料金、biglobeモバイル料金、自動車税、通勤費(定期代)、に加えて、日常的に利用しているスーパーでの支払いなどをdカードゴールドで支払うようにする予定です。

これだけあるので100万円は確実に超えますし、ひょっとしたら200万円も超えてしまうかもしれません。いずれにしろ、年会費分を取り戻す分には特に苦労しないはずです。

2万円分のクーポンをゲットすることになれば、年会費の金額を1万円上回ることになり、200万円の利用で1万円の特典が得られると考えると、還元率は0.5%となります。

また、200万円の利用時に1%のdポイントがもらえています(※)から、合計すると1.5%還元相当となりますね。

(※)税金などは一部手数料が取られるため、還元率は目減りする可能性はあります。

年間ご利用額特典をさらにオトクにゲットできないか

年間ご利用額特典を利用すればなんとか年会費の元が取れそうと安心したところで、が出てきました。

楽しく稼ぎオトクに暮らすためのブログをしたためている私が、大人しくdocomoに言われる通りにdカードゴールドを使いまくるのも悔しいので、もう少しオトクな方法がないか考えてみました。

考えた方法は、「ポイントの2重取り」です。

クレジットカードチャージを利用して、ポイントを2重取り、場合によっては3重取りが可能となる方法をご紹介しています。nanacoやau WALLETプリペイドカード、dカードプリペイドへのチャージ時にクレジットカードのポイントを獲得し、カード利用時にもポイントを獲得でき、ポイントが2重で付くことになります。

先ほど、年間利用額が200万円を超えて2万円分のクーポンがもらえたら還元率が1.5%相当になると書きましたが、200万円の利用時にポイントの2重取りができればさらに還元率を上げることができます

ですが、残念ながらポイント2重取りは難しいようです。

まず、dカードゴールドの年間ご利用額特典のページに、以下の記載があります。

電子マネーのチャージ代金、金利・手数料、年会費、募金、国民年金保険料等はお買物額累計には含まれませんのでご注意ください。

な、な、なんと、電子マネーチャージが使えないじゃないですか!!

私はau walletプリペイドカードを持っているので、dカードからau walleteプリペイドカードにチャージをし、0.5%のwalletポイントと1%のdポイントの2重取りをしていたのですが、年間利用額にカウントされないとなると、この手は諦めざるを得ません・・・

ポイント獲得には目をつぶって、年間利用額アップのためにnanacoチャージをする、なんてこともできません。

残された方法として、au walletプリペイドカードへ「au かんたん決済」にてチャージをし、au かんたん決済の支払方法(電話料金の支払方法)をdカードゴールドにする、ということを思いつきましたが・・・

私の場合、auのスマホではなく、auひかりを利用しており、auひかりの場合はau かんたん決済のひと月あたりチャージ限度額は10,000円までに制限されています。

10,000円チャージして得られるau walletポイントはせいぜい50ポイントです・・・

ということで、電子マネーなどへチャージしてポイントを2重取りをする効果はほとんどありません。

ただし、auスマホユーザの方で、au かんたん決済でのau walletプリペイドカードへのチャージ額の上限が高額に設定されている場合は、チャージでのポイント2重取りを考えられてもいいでしょう。その場合、dポイント1%、au walletポイント0.5%、年間ご利用額特典0.5%相当、ということで合計の還元率が2.0%相当になります!

なお、これらのポイント以外の、ショップ独自のポイント(amazonポイントやyahoo!ショッピングのTポイントなど)は話が別ですので、ここでは触れません。

家族カードを利用する

以上のように、私は大人しくdカードゴールドをせっせと使っていくことになるのですが、家族もいるので家族もカードを使えるようにしたいところです。

dカードゴールドの大きなメリットの一つとして、家族カードの発行は1枚まで無料という点があります。

また、この家族カードの利用額が本人カードの「年間ご利用額」に合算されますので、家族カードを使ったほうが年間利用額をより効率的に増やすことができます。

この、家族カードと本人カードの合計で年間利用額がカウントされる、という点が公式サイト上を探してもなかなか見つけられなかったのでdocomoに問い合わせをし、確認を取りました

合算されるのでご安心ください、という回答でしたので読者の皆様も安心して家族カードを申し込みましょう。

まとめ

dカードゴールドをオトクに利用するため、年会費の元を取るにはどうすれば良いか、いろいろ考えた内容をご紹介してみました。

多分に私個人の特殊な内容も含まれてはいますが(笑)、皆様の参考にもなれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする