dカードの基本還元率を1.5%にアップさせるウラ技について

私もメインのクレジットカードとして使っているdカード(ゴールド)について、ポイント還元率をアップさせるちょっとした技を見つけましたのでご紹介します。

技といっても怪しい方法でもなんでもなく、普通に公開されている情報です。

公開されている情報をうまく活用すれば少しだけオトクにdポイントがゲットできます。

dカードについて

ウラ技をご紹介する前に、dカードについて概要をご説明しておきます。

dカードはドコモが発行するクレジットカードです。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 年会費は一般カードが1,250円(税抜)ですが初年度が無料、カードの利用が前年度に一度でもあれば次年度が無料となります。
  • ゴールドカードの年会費は10,000円(税抜)
  • ポイントの基本還元率は1%(100円の利用毎にdポイントが1ポイント)。
  • 特約店での還元率は2.5%~11.5%
  • dカードゴールド加入者はドコモ料金の支払額に対して10%のdポイント付与(1,000円毎に10pt)

その他、dカードに関する詳細は以下もご参照ください。

ドコモの発行するdカードは、オトクなサービスが豊富に用意されており、今後のサービス拡大にも期待が持てます。そんなdカードを最大限にオトクに使って、「ポイントがポイントを産む」状態を作る方法をご紹介します。

こえたらリボについて

dカード、dカードゴールドをご利用の方は一括払いで支払う方がほとんどだと思いますが、「こえたらリボ」を使ってリボルビング払いにすることもできます。

お店でリボ払いを選ばなくても、事前に決めておいた支払額を超えた分が自動的に翌月以降に「リボ払い」になるのが「こえたらリボ」です。

こえたらリボの手数料は年率15%です。年率ですので日割りされます。

利用代金は毎月15日締め切りで翌月10日(金融機関休業日の場合は翌営業日)の支払いとなります。

毎月の支払額は自分で設定できますが、支払金額に対して設定額を低くし過ぎると、翌月以降への繰り越しが多くなり、手数料を何か月も支払わなければならなくなります。

毎月の支払が少ないと思って喜んでいると、いつまでたっても支払が完了せず、手数料をムダに支払続けることになりますので注意が必要です。

そんなことにならないよう、月々の支払額を適切に設定しましょう。

支払額は自分で変更できますので、月々の利用額を確認しながら支払額を設定すればよいでしょう。

dカードの基本還元率をアップさせるウラ技とは

さて、前置きが長くなりましたが、ようやく本題です。

基本還元率をアップさせるために、「こえたらリボ」をつかいます。

実は、「こえたらリボ」を使ってリボ払いの手数料が発生すれば、手数料が発生した月の利用代金に対し、通常貯まるdポイントとは別に、dカード、dカードゴールドの利用代金1,000円ごとに5ポイントプレゼントされるんです!

1,000円ごとに付与されるポイントですので、通常の100円ごとに加算されるポイントと比べると切り捨てが大きくなる可能性はありますが、通常の1%に加えて、0.5%のポイントが追加され、計算上は最大1.5%となります!!

ですが、せっかく0.5%分のポイントアップがあるのに、リボ払いでそれ以上の手数料を払っていては意味がありません

先にご説明した通り、こえたらリボでの毎月の支払額は変更可能ですので、毎月の支払額が15日に確定後、翌月10日の支払までの間にリボ払い額を調節することが重要ですよ。

そうすることにより、リボ払い手数料を少額だけ発生させ、0.5%分のポイントアップをゲットすることが可能になります。

まとめ

今回は、dカード、dカードゴールドについて、リボ払い時の特典をうまく使ってdポイントを少しだけ多くもらえる方法についてご紹介しました。

リボ払いをちゃんと理解せず安易に利用すると手数料が多くなり支払額が膨らんでいく、ということになりますが、ここに書いてあるくらいのことは最低でも理解しておけば、リボ手数料を少なくしてポイントアップ特典の恩恵を受けることができます。

dカード、dカードゴールド利用者の方は是非ご参考にしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする