ソラチカルートでポイントをマイルに交換できなくなる予定

ポイントサイトで稼いだポイントをマイルに交換する「陸マイラー」の方々に愛用されてきた「ソラチカルート」が今年の3月一杯で終了することが発表されました

「ソラチカルート」を利用すると、ポイントサイトのポイントを高効率でANAマイルに交換することができ、マイルを非常に効率よく集められて人気があったので今回の発表は衝撃的なものでした。

今後は陸マイラーが生き延びる方法はないのか、ポイントサイト利用者へはどんな影響があるのか、などを以下にまとめてみました。

ソラチカルートについて

まず、ソラチカルートとは何だったか、簡単に触れておきます。

ソラチカルートとは、「東京メトロ」が発行している「To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」を利用し、メトロポイントをマイルに交換する方法のことを言います。

ポイント交換のルートとしては以下のようになります。

ポイントサイトのポイント ⇒ ドットマネーポイント、PeXポイントなど ⇒ メトロポイント ⇒ ANAマイル

この方法だと、ポイントサイトの1円相当のポイントが0.9マイルに交換できます。

例えば、ハピタス(などのポイントサイト)を利用してクレジットカードを発行して10,000ptを獲得したとすると、ソラチカルートによって9,000マイルを手に入れることができます。

その他の方法でマイルを集める方法と比べると、ずっと簡単にマイルが貯まるということがおわかりいただけるかと思います。

こんなソラチカルートを利用し、陸マイラーの方々はマイルを貯めてファーストクラスに乗って海外旅行に行くなどされていたわけですが、今回、ドットマネーやPex、Gポイントなどからメトロポイントへの交換が3月いっぱいで終了することが発表され、ソラチカルートは使えなくなってしまいました。

ドットマネーからの発表内容は以下の通りです。

いつもドットマネーをご利用いただきありがとうございます。

この度「ドットマネー」から「メトロポイント」への交換サービスは、 2018年3月31日(土)23:59をもちまして終了させていただくこととなりました。

つきましては、2018年3月31日(土)23:59以降は、「ドットマネー」から「メトロポイント」への交換はご利用いただけません。

長らくご愛顧を賜りましたお客様には、交換終了によりご迷惑をおかけいたしますことをお詫び申し上げます。
これまでご愛顧いただきまして、誠にありがとうございました。

今後ともドットマネーをよろしくお願いします。

また、陸マイラーではない私にとっても、ポイントサイトのポイントを「ドットマネーギフトコード」に交換すればヤフオクで高価に販売できていましたが、それも終了するかもしれません。

ドットマネーギフトコードをヤフオクで購入する人の多くは、恐らく、ドットマネーをメトロポイントに交換してマイルの購入に利用されていると思いますので、メトロポイントへの交換が終了してしまえば、今まで通りの価格では販売できないでしょうね。

代替策は?

以上の通り、今回の発表は陸マイラーの方にとっても、そうでない私にとっても、ショッキングな内容だったわけですが、ポイントサイトのポイントを効率的にマイルへ交換したりポイントを有効利用する方法がないのか、調べてみました。

LINEポイントを利用

LINEポイントからメトロポイントへはまだ交換できます。

LINEポイント⇒(0.9倍)⇒メトロポイント⇒(0.9倍)⇒ANAマイル

ということで、従来のソラチカルートより還元率が下がってしまいますが、それでも0.81倍の還元率ですので、かなり有望な代替ルートと思います。

そして、LINEポイントへはモッピーからなら直接交換可能(ただし手数料5%)です。

ハピタスからLINEポイントへの交換は少し複雑ですが、以下のルートで可能です。

ハピタス⇒PeX⇒ワールドプレゼント(三井住友カード)⇒Gポイント⇒LINEポイント

ドットマネー25%増量キャンペーンを利用?

マイル収集については上記の通り、LINEポイントへの交換という逃げ道が残っていましたが、私のようにドットマネーを高価に販売していた人向けに、他のオトクなポイント交換方法はないでしょうか?

ドットマネーのメトロポイントへの交換が封鎖されてしまった場合はかなり苦しいのが実際のところでしょう。

とはいってもポイント額面通りの金額はもらえるわけですが・・・

あえて、ポイントをよりオトクに交換する道を探すとすれば、ドットマネー⇒dポイント交換の25%増量キャンペーンを利用する、という方法があるかと思います。

毎年のように秋頃になると、ドットマネー⇒dポイント交換において25%分のポイントを増量するキャンペーンをやっていますので、その時を待つ、という考えです。

もちろん、今後も毎年実施されるわけではないので今は確実なことは言えないわけですが、一つの可能性としては考えられる方法です。

ただし、ポイントを長期間寝かせておく場合には有効期限に注意が必要です。

ポイントサイトのポイントをドットマネーに交換した後のドットマネーの有効期限は6か月なので、ポイント交換はキャンペーンを利用する直前にしたほうがよいです。

ポイントサイトのポイントの有効期限は各ポイントサイトによって様々ですが、長期間ポイントサイトを利用しない場合はポイントが没収されることもありますので注意しましょう。

各ポイントサイトとポイント交換先のポイントについて、有効期間をまとめました。気づいたら有効期限が切れていた、ということがないように、自分の持っているポイントの有効期限について確認しましょう。

まとめ

陸マイラーの方々にとっては必須といってもいい「ソラチカルート」が封鎖されることが発表され、その影響と代替方法についてご紹介しました。

まだかろうじてLINEポイントを経由して8割程度の還元率でANAマイルに交換する方法が残されていますので、陸マイラーの方々への影響は今のところは限定的かと思います。

ただ、LINEポイントからメトロポイントへの交換ができなくなってしまうと・・・

その可能性もあるかもしれませんが、その時はまた少し還元率が下がるものの代替策を考えることにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする