JRエクスプレス予約で新幹線をオトクに乗りこなす

この年末年始の帰省や旅行で新幹線を利用された方も多いかと思います。

私も帰省のために毎年新幹線を利用していますが、JRの「エクスプレス予約」を利用して東海道・山陽新幹線をオトクに利用できています。

オトクではあるのですが、いろんなサービスがありすぎて、知らない人には何がなんだかわけがわからないと思いますので、ここでできる限りわかりやすくご紹介したいと思います。

普通に駅で並んで切符を買うことに比べれば経済的にも労力的にもずっと楽になりますので、ご参考にしていただければ幸いです。

エクスプレス予約とは

まず最初に、エクスプレス予約とは何か、ということを簡単にご紹介すると、以下の通りです(エクスプレス予約の公式サイトより引用)。

お盆や年末年始、連休など1年中いつでもおトクに東海道・山陽新幹線の指定席を利用できる会員制のネット予約サービスです。

会員制で年会費が1,080円かかりますが、毎年新幹線を利用するのであれば年会費を上回る割引が得られるはずです。

ネット予約サービスですので、スマホやパソコンからいつでも東海道/山陽新幹線を予約することができ、駅の窓口で長時間並ぶ必要もなくなります

また、予約の変更は何度でも無料で可能キャンセル料も300円程度と低額ですので、突然の予定変更が発生した場合にも柔軟に対応できます。

この便利でオトクなエクスプレス予約の様々なサービスについて、以下に順にご紹介していきます。

いつでもオトク EX予約サービス、e特急券

EX予約サービス

東海道/山陽新幹線の指定席をオトクに予約でき、特急券と乗車券が一体となった商品です。

新幹線乗車駅まで、あるいは新幹線降車駅から在来線を利用した場合は、在来線の分の乗車券は別途必要になります。

また、会員本人1名で利用する場合はEX予約専用ICカードで、 それ以外の場合(2名以上やこどもを含む場合、また会員以外の1名が利用する場合など)は、指定席券売機等で事前に「きっぷ」を受け取って乗車できます。

EX-ICカード

つまり、EX予約専用ICカードを持っていれば新幹線のチケットを発券する必要がありません。チケットレスですのでチケットの購入や予約などの駅での煩わしさから解放され、いつも楽チンです。

そして、EX予約サービスの主な区間の料金は以下の通りになっています。

区間 普通車指定席 グリーン車
東京・品川 ⇔名古屋 10,110円
(▲980円)
13,700円
(▲980円)
⇔新大阪 13,370円
(▲1,080円)
18,140円
(▲1,090円)
⇔広島 17,660円
(▲1,420円)
24,140円
(▲2,070円)

※( )内は、「のぞみ」所定運賃・料金(通常期)との差額

☆全ての区間の料金はこちらから

上記の通り、東京(品川)~名古屋の片道だけで年会費分程度は浮かせることができるので、年1回以上往復するようであればオトクであることがわかります。

e特急券

e特急券は、特急券の効力のみのエクスプレス予約のきっぷ商品です。

特急券のみですので乗車券は別途購入する必要があります。

予約はインターネットでできますが、切符は駅の指定券販売機などで受け取る必要があります。

EX予約サービスでEX-ICカードを利用したほうがチケットレスで便利にも思えますが、EX予約サービスには新幹線の乗車駅~降車駅間の乗車券が含まれており、在来線区間の乗車券がさらにかかってしまうケースがあると思います。その場合は、特急券をe特急券で購入し、乗車券は別途特定市区内の制度を利用したほうが安価になるケースもあり得ます(ケースバイケースです)

e特急券の主な区間の料金は以下の通りです。

区間 普通車指定席 グリーン車
東京・品川 ⇔名古屋 4,050円
(▲780円)
7,640円
(▲780円)
⇔新大阪 4,820円
(▲880円)
9,590円
(▲890円)
⇔岡山 5,530円
(▲1,330円)
11,490円
(▲1,330円)
⇔広島 6,000円
(▲1,420円)
12,480円
(▲2,070円)
名古屋 ⇔博多 5,530円
(▲1,890円)
12,010円
(▲2,540円)

※( )内は、「のぞみ」の所定料金(通常期)との差額です。

☆全ての区間の料金はこちらから

少しでも安い方法で購入したいということであれば、EX予約サービスで特急券・乗車券のセットを購入し在来線の乗車券を別途購入した合計額と、e特急券と乗車券を別途購入した合計額を比較し、安価な方を選択すると良いと思います。

EX予約サービス(往復割引)

最近になって、EX予約サービス(往復割引)がスタートしました。

片道の営業キロが601キロ以上ある区間の往復行程を一括購入することで、EX予約サービスを片道ずつ購入するよりもオトクになります。

区間 普通車指定席 (参考)e特急券+所定の往復割引乗車券
東京・品川 ⇔岡山 14,760円
(▲1,530円)
14,960円
⇔広島 16,290円
(▲1,620円)
16,490円
名古屋 ⇔博多 15,330円
(▲2,090円)
15,530円

※( )内は、おとな片道1名あたりの「のぞみ」所定運賃(往復割引乗車券を利用)・料金(通常期)との差額です。

☆全ての区間の料金はこちらから

EX早得、EX早得21はさらにオトク

EX予約サービス、e特急券よりもさらにオトクな早得サービスがあります。

EX早得:3日前までの予約で、長距離区間の「のぞみ」普通車指定席とグリーン車をおトクに利用

EX早得21:21日(3週間)前までの予約で、早朝・日中の「のぞみ」普通車指定席をオトクに利用

EX早得の主な区間の値段(平日)

区間 普通車指定席 グリーン車
東京・品川 ⇔岡山  14,400円
(▲2,940円)
 20,360円
(▲2,940円)
⇔広島  15,900円
(▲3,180円)
 22,380円
(▲3,830円)

EX早得の主な区間の値段(土休日)

区間 普通車指定席 グリーン車
東京・品川 ⇔岡山  14,000円
(▲3,340円)
 18,700円
(▲4,600円)
⇔広島  15,500円
(▲3,580円)
 20,200円
(▲6,010円)

※( )内は、「のぞみ」所定運賃・料金(通常期)との差額です。

☆全ての区間の料金はこちらから

EX早得21の主な区間の値段(おとな1名片道あたり)

区間 おねだん オトク額
東京・品川 ⇔名古屋 8,800円 ▲2,290円
⇔新大阪 11,000円 ▲3,450円
⇔岡山 13,000円 ▲4,340円
⇔広島 14,000円 ▲5,080円
名古屋 ⇔博多 13,000円 ▲5,540円

※おとな片道1名あたりの「のぞみ」普通車指定席の所定運賃・料金(通常期)との差額。

☆全ての区間の料金はこちらから

EX早得は長距離区間に限られること、EX早得21は21日前までに申し込まなければならないのと、乗車駅を朝6:00~6:59、昼11:00~15:59に出発するのぞみに限られる、という条件はありますが、それが許容できれば大変オトクですね。

まとめ

今回はJRのエクスプレス予約についてご紹介しました。

早得の条件を満たせれば早得がお値段的にはオトクですが、EX予約サービスも通常料金よりはぐっとオトクです。

また、お値段がオトクなだけでなく、ネットで簡単に予約ができたり、EX-ICサービスでチケットレスで乗車できたり、予約変更やキャンセルが無料または安価など、様々なメリットがあります。

帰省や出張などで東海道・山陽新幹線を利用される方でまだ利用されていない方はご利用をご検討されてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする