dカードをオトクに使い倒す! 

我が家でのクレジットカードの利用方法について検討をした結果、今後はdカードを主に使用していくことにしたことを、下記記事に記載しました。

私は今までクレジットカードのポイントに無頓着だったのですが、年間を通して考えると、支払のほぼ全てをカード払いにしてしまえば数万円のポイントが貯まることにもなり、カードの使い方を見直すことにしました。本記事では私が今回行ったカード選びについてご紹介します。

上記記事でも触れましたが、dカードには様々なメリットが盛りだくさんですので、今回はdカードについてさらにより詳しくご紹介したいと思います。

dカードって?

そもそもdカードとは何かというと、NTTドコモが発行しているクレジットカードです。

発行はドコモですが、ドコモのケータイを利用していなくてもdカードは利用できます。

主な特徴、付帯するサービスとして、以下のようなものがあります。

  • 基本還元率は1.0%。
  • dカードでお買い物をすると、「dポイント」が貯まる。
  • 年会費無料(2年目以降は1年間一度も使わない場合、年会費1,350円)
  • 「dカードケータイ補償」により、ドコモケータイの故障・盗難等を補償(1年間)
  • VJデスク(旅のサポート)
  • カードブランド:VISA、Master

以下に、dカードのオトクな使い方について、主なところを順にご紹介していきます。

オトクなキャンペーン

dカードでは、通常の1%ポイント還元以外に、様々なキャンペーンを開催しています。

例えば、2017年10月現在では以下のようなキャンペーンを実施中です。

  • ローソンでのお買い物3%OFF(いつでも) (※1)
  • マクドナルドでiDでのお買い物時3%OFF(2017年12月31日まで)  (※1)
  • ドコモオンラインショップでいつでもポイント2倍

(※1)さらに、「カード提示」で1%、「カード決済」で1%のポイント還元があり、合計5%もオトクです。

我が家ではたまにマクドナルドを利用しますので、合計5%還元はとてもありがたいです。

また、以下の記事でご紹介したように、ドコモの機種変更にはオンラインショップが大変オトクですが、dカードでのお支払でポイントアップとなると、さらにオトク感が増しますね。

ドコモスマホの機種変更については、ドコモオンラインショップを利用し、端末購入サポート機種を購入するのがオトクになります。本記事ではなぜこの方法がオトクといえるのか、ご紹介します。

オトクにポイントを貯める

dカードでショッピングをすると、いつでも1%のポイントがdポイントとして加算されます。

そしてそれだけでなく、この通常の1%に加えて、さらにポイントが加算されるサービスがたくさん用意されています。

以下にいくつか例示します。

特約店でポイントアップ

「dカード特約店」でショッピングをすると、通常の1%に加えてさらにポイントが加算されます。

2017年10月現在の特約店とポイント還元率(基本+加算の合計)を以下に列挙します。

ドトールバリューカード:4%
ENEOS:2%
オリックスレンタカー:4%(iD利用時)
東京海上グループ/イーデザイン損保:見積で500ポイント、申込みで1,500ポイント
JAL:2%
JALパック:2%
dトラベル:2%
JTB:3%
ClubMed:5%割引+4%ポイント付与
高島屋/ジェイアール名古屋タカシマヤ・タカシマヤ ゲートタワーモール:2%
伊勢丹:2%
三越:2%
タワーレコード(iD利用時):(携帯サイト)4%、(店舗)2%
紀伊国屋書店(iD利用時):2%
AOKI:3%
洋服の青山(iD利用時):2%
紳士服のコナカ:3%
紳士服のフタタ:3%
THE SUIT COMPANY(iD利用時):2%
第一園芸:2%
リンベル:5%
ショップジャパン:2%
dショッピング:2%
dファッション:2%
日経ヴェリタス:3%
日経ビジネス:5%
日経ビジネスアソシエ:3%
日経WOMAN:3%
プレジデント:3%
スターバックスカード:4%
伊達の牛たん本舗:3%
ジェイアンドジェイグループ(iD利用時):4%
サカイ引越センター:4%
ビッグエコー(iD利用時):3%
東京無線タクシー:2%
チェッカーキャブ:2%
さわやか無線センター(iD利用時):2%

ネットショッピングはポイントアップモール経由で

dカードの「ポイントアップモール」を経由すると、Amazonや楽天市場などのオンラインショッピングにおいて、カード決済によるポイントが通常の1.5倍~10.5倍と、ポイントアップされます。

ほんの一例を以下に示します。

Amazon:1.5倍
楽天市場:1.5倍
Yahooショッピング:1.5倍
ベルメゾンネット:1.5倍
ニッセンオンライン:3倍
セブン・ネットショッピング:2.5倍
イトーヨーカドーネット通販:3倍
FELISSIMO:2.5倍
ビックカメラ.com:2倍
nojima online:1.5倍

などなど、他にもたくさんあります。

「dカード」「dカード GOLD」をお持ちの方なら、いつものショップがポイント1.5~10.5倍のお得なショップになります!

ネットでの買い物が主流の人にとっては、dカードの実質的な還元率は1.5%以上と、高還元率カードに値することとなりますね!

ドコモ利用料金に応じてポイントが貯まる

ドコモのケータイ、およびドコモ光を利用している人は利用金額の1%のポイントが貯まります。

ここで勘違いしてはいけないのは、これら利用料金についてdカードでの決済にはポイントがつかない、ということです。

dカードを持っているだけでポイントが付くのですが、支払時にはポイントが付くわけではないということです。

他社カードを利用すれば決済時にポイントは付くので、ドコモケータイやドコモ光の利用料金の支払に他社カードを利用すれば、他社カードのポイントとdポイントの2重取りができることにもなります。

dポイントの使い方

ここまでで、dポイントを貯めてオトクにショッピングする方法をご紹介してきましたが、次に、貯まったdポイントの効果的な使い方について、いくつかご紹介します。

iDキャッシュバック

ドコモの回線を契約している方は、dポイントをiDにキャッシュバックできます。

2,000ポイント単位で2,000円分のiDとしてキャッシュバックされ、iDでの支払額に充当できます。

キャッシュバックの申込は、dポイントのサイトの「ポイントがつかえるお店」のページで「交換商品につかう」から行うことができます。

iDはコンビニ、スーパー、レストラン、等々、様々なショップで使えますので、現金同様と考えることができます。

dカードプリペイドにチャージする

dポイントの利用方法として個人的に最もお薦めしたいのは、dポイントを「dカードプリペイド」へチャージする方法です。

dカードプリペイドとは、プリペイド型のdカードで、dカードを既に持っていてもそれとは別に持つことができます。

このdカードプリペイドにはクレジットカードからチャージすることもできますが、dポイントをチャージすることもできるんです。

さらに、dカードプリペイドを使ってショッピングをした際にも0.5%のポイントが付与されます。

つまり、普通のdカードで貯まったdポイントをdカードプリペイドにチャージをし、それを使ってお買い物をするとさらにその金額の0.5%がdポイントとして還元されるというわけです。

また、dカードプリペイドはチャージ金額の範囲内であれば普通のクレジットカードとして使えるので、町のお店でもネットでも、クレジットカードが使えるお店のほぼ全てで使用することができます。

以上のことから、貯まったdポイントを少しでも有効利用したければdカードプリペイドへチャージして使用する方法がおススメです。

dカード プリペイドは審査がなく、年会費・発行手数料無料でdポイントがたまるプリペイドカードです。ローソンなら3%OFFになり、おトクにお買い物ができます。プリペイドカードならdカード プリペイド!

Loppiお試し引換券を利用する

Loppiお試し引換券は、ローソンの商品をオトクに購入できるクーポン券ですが、このクーポン券の購入にdポイントを利用できます。

このLoppiお試し引換券じたいがオトクなのでdポイントの利用方法として優れているのですが、当然ですが購入できるのはローソンの商品に限られ、さらに、お試し引換券の対象になっている商品に限られます。

このお試し券への引換が最も効果を発揮するのは、「期間・用途限定」のdポイントを使うケースだと思っています。

通常のdポイントの有効期限は約4年なのですが、キャンペーンなどで付与される「期間・用途限定」ポイントはその名の通り、有効期間が短く、用途も限定されており、先ほどご紹介した、dカードプリペイドへチャージすることも残念ながらできません。

とはいえ、ローソンのようなdカード加盟店では使えますので、「期間・用途限定」ポイントを少しでも有効利用するにはLoppiお試し引換券が適しているかと思います。

まとめ

本記事では、dカードおよびdポイントのオトクな利用方法についてご紹介しました。

dカードを特約店やポイントアップモールで利用すれば、dポイントを効果的に貯めることができることがおわかりいただけたかと思います。

また、dポイントの利用方法としては、通常のdポイントはdカードプリペイドへチャージしてショッピングに利用し、期間・用途限定のdポイントについてはLoppiお試し引換券の購入に利用するという使い分けをすれば、効果的であることをご紹介しました。

このように、dカード、dポイントの使い方はバラエティに富んでおり、これ以外にも様々なキャンペーンが常に実施されていますので、dカードを利用されていない方は、一度dカードのサイトでご覧になってみると良いと思いますよ。

次回は、dカードの上位グレードである、「dカード GOLD」のご紹介をします。

ドコモの発行するdカードのゴールドカード、dカードGOLDについて、dカードとの違いや様々な特典についてご説明します。年会費は10,800円かかりますが、十分に元が取れてお釣りの来る内容になっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする