ポイントサイト案件紹介 ハピタス堂書店は7%還元で超太っ腹!!

最近は街の本屋さんをめったに見かけなくなりました。

本屋で買わなくてもAmazonなどで注文すれば送料無料でポイントも付くし、ネットで買う方が多いですね。

私も以前は本はAmazonで購入していたのですが、最近は「ハピタス堂書店」で買っています。

「ハピタス堂書店」の知名度は低いですが、ポイントが7%も付いて超オトクです。

今回はそのハピタス堂書店についてご紹介したいと思います。

ハピタス堂書店って?

ハピタス堂書店とは、ポイントサイト「ハピタス」内にあり、株式会社イーブックイニシアティブジャパンが提供しているオンライン書店のサービスです。

本、電子書籍、CD、DVDなどを扱っています。

7%のポイントはハピタス内で付与されますので、ハピタスへの登録が必要です。

登録は以下から行えます。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ハピタス堂書店は高還元率

ハピタス堂書店で購入すると、購入金額の7%がハピタスのポイントとして付与されます(電子書籍はなんと、10%)。

ご存知の通り書籍は原則的に割引ができませんので、このポイント還元率は驚異的です。

Amazonですら1%~3%のポイント還元率ですから、ハピタス堂書店の7%という数字がいかに高いかお分かりいただけるかと思います。

しかも、ハピタスのポイントですから、本サイトでご紹介している方法を使って、もらったポイントを約1.5倍の現金に増やすこともできます。

詳しくはこちら

ポイントサイトで稼いだポイントをどう活用するか、せっかく稼いだポイントですから、少しでも有効活用したいものです。本記事では、ポイントを最大限に有効活用する、「ポイント錬金術」とも言うべき技をご紹介しましょう。

送料も無料

せっかくたくさんポイントがついても、送料がかかってしまうと本屋さんで買ったほうが安いということになってしまいますが、ハピタス堂書店は送料が無料です。

送料無料は期間限定のキャンペーンということになっていますが、このキャンペーンがずっと続いてきているようです。

購入金額を問わず、1点の購入から無料となっていますので、たまに欲しい本があったりする時などにも安心して利用できますね。

クレジットカードのポイントも貯まる。

支払方法はハピタスポイントで払うか、クレジットカードかのどちらかです(併用可能)。

クレジットカードを使うとカード側でもポイントが貯まるので、ポイントの2重取りになります。

つまり、ハピタスポイント7%+クレカのポイントとなります。

また、先ほどご紹介したようにハピタスポイントを1.5倍に増やしてしまえば、カードのポイントも合計すれば11%以上の驚異的な還元率となります。

ハピタス堂書店の利用方法

ハピタスへログイン

ハピタス堂書店を利用するには、まずハピタスにログインします。

まだ会員でない方は先ほどもご紹介したように以下のリンクからハピタスに登録します。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ハピタス堂書店を検索

ハピタスへログインされましたら、検索機能を使って「ハピタス堂書店」を検索します。

すると、以下の広告が見つかると思いますので、「ポイントを貯める」ボタンをクリックし、ハピタス堂書店へ移動します。

ハピタス堂書店に会員登録後、ログイン

次に、ハピタス堂書店でも会員登録が必要ですので、ログイン画面の「新規会員登録はこちら」から会員登録をします。

会員登録が済みましたら、ハピタス堂書店へログインします。

後は普通のネットショッピングと同じように、買いたい本などを探して注文するだけです。

注文し、購入を確定させましたら購入金額の7%がポイントとして付与されています。

ハピタスのポイント通帳には1時間もしないうちに反映されるかと思います。

(ポイントの確定までは60日程度かかるとされています)

まとめ

今回はポイントが7%も付与されて送料も無料と、とてもオトクなオンライン書店である「ハピタス堂書店」をご紹介しました。

本記事内でご説明したように、やり方によっては1割以上の還元率(割引率)となりますから、本は割引はほとんどされないことを考えると大変オススメです。

厳密に他のショッピングサイトと比較したわけではありませんが、本の品ぞろえも十分だと感じますし、まだご利用されたことがない方は是非ご利用いただければと思います。

ポイントサイトについてはこちら

ポイントサイトを利用すれば家に居ながら、元手もかからずに換金可能なポイントを集めることができ、楽な副業の定番です。ハピタスやモッピーなどのポイントサイトを利用して賢く稼ぐ方法、そして、手っ取り早く稼ぐための黄金ルートを本サイトではご紹介します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする