エポスゴールドカードは年会費無料で特典がたくさんありオトク

今回は丸井グループのクレジットカード「エポスゴールドカード」についてご紹介します。

「エポスゴールドカード」は「エポスカード」の上位にあたり、ゴールドカードとしての様々な特典が得られるわけですが、1度でも年間の利用額が50万円以上であれば翌年以降の会費は無料です。

そのうえ、ボーナスポイントや特定の店でのポイントアップなど、ゴールドカード独自のオトクな特典も受けることができます。

今回はエポスゴールドカードの入手方法や特徴、オトクな使い方などについて、ご紹介いたします。

エポスゴールドカードの入手方法

エポスゴールドカードはエポスカードのページから普通に申し込むことができます。

もちろん、審査はありますが審査に通りさえすれば入手できます。

この場合、年会費は5,000円かかってしまいます。

ゴールドカード入手後、年間の利用額が一度でも50万を超えれば翌年以降は年会費はずっと無料になります。

また、いきなりゴールドカードの申込みをするのではなく、まず年会費無料のエポスカードを申込んで使っていると、エポスカードをある程度使った時点でゴールドカードへの招待状が届きます。

招待状を受け取った場合は年会費が永年無料です。

すぐにでもゴールドカードが欲しい場合は初年度5,000円を払って最初からゴールドカードを申し込むのもいいですが、特に急ぎでないならば、入会時の特典が充実しているノーマルのエポスカードを申込み、ある程度(50万円程度のようです)使ってゴールドカードの招待状を待つ、というのも手です。

エポスカードの入会特典

特に急ぎでゴールドカードが必要というわけでなければ、入会時の特典が得られるエポスカードから申し込まれるのをお薦めします。

というのも、エポスカードをポイントサイト経由で申込みをすると、ポイントサイトとエポスカード社の両方から入会特典のポイントがもらえるためです。

例えば、ポイントサイトの「ハピタス」では7,250円相当のポイントがもらえます(2017/12/31現在)。

ハピタスのエポスカード案件

ハピタスのポイントは、ドットマネーギフトコードに交換するとヤフオクで1.6倍の値段で売れますので、7,250ptは、11,600円程度にすることができます。

一方、エポスカードからも最大5,000円分のポイントがもらえます。

ですから、ハピタスなどのポイントサイト経由でエポスカードを申込み、50万円程度利用して永年無料でゴールドカードにアップグレードする、という方法が最もオトクです。

ハピタスへのご登録はこちらからできます↓

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ポイント還元率について

エポスゴールドカードの通常のポイント還元率は0.5%と、平凡です。

ただし、ゴールドカードの特典として、利用額に応じてボーナスポイントがもらえます。

年間50万円利用の場合:2,500円相当のポイントプレゼント(0.5%

年間100万円利用の場合:10,000円相当のポイントプレゼント(1%

年間でちょうど100万円使ったとすると還元率が1.5%ということになります。

また、ゴールドカードならではの特典としてさらにうれしいのが、「選べるポイントアップショップ」でのポイントアップです。

対象ショップの中から予め選んで登録した3つのショップでは、ポイントがなんと3倍になります!

対象ショップにはイオンやイトーヨーカドーのようなスーパーやコンビニ、ドラッグストア、レストランなどなど、たくさんあります。その中から自分が使いそうなショップを3つ選んでおけばその3つのショップではポイント還元率は常に1.5%と超高還元率になります。

1.5%といえば、DCカードJizileやP-one wizカードと並び、国内最高還元率となる水準です。

対象ショップについては以下をご覧ください。

これらの、利用額に応じてもらえる「ボーナスポイント」と「選べるポイントアップショップ」でのポイントアップを組み合わせて利用すれば、国内最強のクレジットカードに変身してしまいます!(エポスカードにはこれらの特典はありません。ゴールドカードのみの特典です)

ポイント交換先について

次に、貯まったエポスポイントの使い方、交換先についてご紹介します。

エポスVisaプリペイドカードにチャージ

エポスカードにはプリペイドカードもあり、エポスVisaプリペイドカードといいます。

エポスゴールドカードの利用で貯めたポイントはこのエポスVisaプリペイドカードにチャージして使うことができます。

そうすることによって、Visaカードを使うことができる店でポイントを消化することができるので、ポイントをほぼ現金同様に使えることになります。

また、エポスVisaプリペイドカードの利用によって0.5%のポイントが貯まります。つまり、もらったポイントの利用でまたポイントがもらえる、という形になります。

商品券やギフト券に交換

商品券やギフト券に交換を申し込むと1週間ほどで届けられます。

交換手数料はかかりません。

移行先 必要ポイント 交換額 還元率
 マルイの商品券 1,000 1,000円 0.5%
 VJAギフトカード 1,000 1,000円 0.5%
 クオカード 1,000 1,000円 0.5%
 iTunesギフトコード 1,000/3,000 1,000円/3,000円 0.5%
 スターバックスカード 3,000 3,000円 0.5%
 アパホテルクーポン券 1,000 1,000円 0.5%
 KEYUCAお買い物券 500 500円 0.5%
 モンテローザお食事券 800 1,000円 0.625%
 シダックスサービス券 800 1,000円 0.625%
 IDC OTSUKA エポスクーポン券 1,000 1,000円 0.5%
 ELMお食事券 500 500円 0.5%
 星が丘カード エポスお買い物券 500 500円 0.5%
 フィールエポス お買い物券 500 500円 0.5%
 モラージュ柏 お買い物券 500 500円 0.5%
 アスピア明石エポス お買い物券 500 500円 0.5%
 Reraエポス お買い物券 500 500円 0.5%
 ボンベルタ橘 お買い物券 1000 1,000円 0.5%
 ユニモちはら台エポスカードお買い物券 500 500円 0.5%
 モレラ岐阜 エポスカードお買い物券 500 500円 0.5%
 させぼ五番街 エポスクーポン 500 500円 0.5%
 MONAクーポン 500 500円 0.5%

他社ポイントへ移行

マイルや各社のポイントへの交換もできます。手数料はかかりません。

dポイントへ移行してLoppiお試し引換券で利用するのもオトクです。

移行先 必要ポイント 交換ポイント 還元率
ANAマイル 1,000 600 0.3%
ANAコイン 1,000 1,000 0.5%
JALマイル 1,000 500 0.25%
スターバックスカード 500 500円 0.5%
ノジマスーパーポイント 500 500 0.5%
dポイント 1,000 1,000 0.5%
au WALLETポイント 1,000 1,000 0.5%

海外旅行傷害保険

エポスカードには海外旅行傷害保険が付いていますので、海外旅行で、いざというときに安心できます。

また、エポスゴールドカードはエポスカードよりもさらに補償額が多くなります。

 保険の種類 エポスゴールドカード エポスカード
傷害死亡・後遺障害 最高1,000万円 最高500万円
傷害治療費用 1事故の限度額 300万円 200万円
疾病治療費用 1疾病の限度額 300万円 270万円
賠償責任(免責なし) 1事故の限度額 2,000万円 2,000万円
救援者費用 1旅行・保険期間中の限度額 100万円 100万円
携行品損害(免責3,000円)

1旅行・保険期間中の限度額

20万円 20万円

その他、海外旅行傷害保険以外にも、空港ラウンジ利用特典や、海外サポートデスクなど、旅行時にうれしい特典がいくつか用意されています。

まとめ

エポスゴールドカードは、招待状をもらってから入会すれば永年年会費無料、もらえなくても一度でも年間50万円以上使えば次年度以降は永年年会費無料と、大変太っ腹なゴールドカードです。

そして、ボーナスポイント選べるポイントアップショップなど、ゴールドカードだけの特典を活かしてポイントを大幅に増やすことができます。

その他にも、海外旅行傷害保険の内容が充実していたり、大変コストパフォーマンスの高いゴールドカードになっています。

ポイントサイトでのエポスカード入会特典を利用して、まずはエポスカードからの入会を検討されてはいかがでしょうか。

ポイントサイトについてはこちらをご参照ください。

ポイントサイトを利用すれば家に居ながら、元手もかからずに換金可能なポイントを集めることができ、楽な副業の定番です。ハピタスやモッピーなどのポイントサイトを利用して賢く稼ぐ方法、そして、手っ取り早く稼ぐための黄金ルートを本サイトではご紹介します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする