ドコモへMNPしようとしたところ、特価BLと判明した件(前編)

ドコモ料金を節約し、この2年間0円維持をしてきたわけですが、先月までで月々サポートの切れる回線が複数あったため、新たに月々サポートをもらおうと先日ドコモへMNP契約に行ってまいりました。

すると、契約時の審査で「月々サポート、家族まとめて割、端末購入サポート等のドコモの割引施策は適用できません」との結果が・・・。ガ~~ン!!

特価BL」と俗に言われているやつです。

特価BLにならないよう気を付けていたつもりですが、ついに私も食らってしまいました。。

今回の一連のいきさつについて、順を追ってご紹介したいと思います。

ドコモスマホの0円維持についてはこちらをご覧ください。

月々の通信費、特にスマホ代にウン千円、ウン万円と、かけていらっしゃいませんか?本記事では、誰でもできるドコモのスマホ使用料を0円にする方法をご紹介します。

MNP準備(MNP弾)

まず、今回のMNPを実行(しようと)した時の準備段階からご紹介したいと思います。

今回は2回線のMNPを実施しようと考えていました。

MNPするには、他社回線の契約が必要ですので事前に他社回線を2回線準備しました。

所謂、MNP弾と言われているものです。

今回はちょうど2年契約の切替時期にあるauのガラケー回線が1回線ありましたので、あと1回線を1月になってから新規に用意しました。

ドコモへのMNPでオススメのMNP弾はmineo(auプラン)です。

新規契約して、同月にMNP転出可能で、契約から転出までにかかる費用は17,000円ほどです。

ちなみに、mineoは新規契約時に「エントリーパッケージ」を用意しておけば、初期費用のうち契約事務手数料3,240円を無料にできます。

エントリーパッケージはAmazonなどで入手でき、今回は年明け早々に462円でゲットしました。

※なお、ヤフオクでエントリーパッケージが1円などで販売されていることがありますが、それらはmineoを数カ月以上契約することが前提になっていますので、トータルでは安くなりません。

mineoのエントリーパッケージをゲットできれば、mineoの新規申し込みを行います。

  • mineoの申し込みページで最初にエントリーコードを入力する画面が出るので入力
  • 申し込みフォームを記入し、auプランのSIMのみ申込み
  • mineoからSIMが送付される
  • au端末にSIMを挿し、通信を開始(開通)

開通を行わなければmineoでMNP予約番号が発行できないようなので、開通が必要になります。

案件予約

さて、MNP弾が準備できましたら、ドコモのMNP案件探しです。

ツイッターで検索すればオトクにMNPできるようなショップも見つかりますので、今回は月々サポートが4,158円ももらえるSC-01Kを探しました。

月末ということもあり、土曜の朝10時に電話してもなかなかつながらず、ようやくつながったと思ったら、在庫がなくなってしまっているような状況が続きました。

そんなことを繰り返しているうち、そこそこオトクな値段のものを運よく2台取り置きに成功!

ちなみに、色にはこだわりがないため、黒とゴールドを1台ずつで・・・。

MNP予約番号の発行

SC01Kの取り置きに成功したので、auとmineoのMNP予約番号を発行します。

auもmineoもMNP予約番号は即日発行してもらえるので、MNP予約番号発行手続きが無駄にならないよう、私はドコモの取り置きに成功した後に発行するようにしています。

auは電話で、mineoはwebで発行可能です。

  1. auのMNP予約番号発行方法はこちら
  2. mineoのMNP予約番号発行はこちらから。

いざドコモショップへ

ここまで準備が整いましたら、いよいよドコモショップへ向かいます。

月々サポートがモリモリで端末購入価格もオトクな条件でしたので、ウキウキで入店しました。

ツイッター案件を予約した旨を受付の方に伝え、しばらく待たされた後、いよいよ契約手続きです。

確保していただいたSC01Kも目の前にあります。

さてさて、まずは契約の審査から、と案内され、メイン回線の電話番号を聞かれ、身分証明書を提示して手続きに入ります。

今までそこそこの回線数を開通してきましたが、(2年以内の)短期解約はなく、必要最小限な回線を十分な時間を置いて開通してきましたので、今回の審査もたぶん大丈夫だろうと予想していました。

店員さんがしばらく端末操作をしたところで、審査の結果が出たようです。果たして・・・

新規のご契約は可能ですが、月々サポートや家族まとめて割、端末購入サポート等の割引施策を適用することはできないという結果です

なんと(涙)・・・。

ショッキングなことを表情も変えずにサラっと言ってくれました。

いわゆる、「特価BL」というやつです。

はっきりとした基準はわかりませんが、ドコモの割引をもらえる回数の限度を超えてしまったらしく、これ以上割引をしてもらえない状況のようです。

ドコモの割引回数制限に関する公式発表内容はこちら

たぶん大丈夫だろうと思っていたのですが、でも基準が明確でないので恐れてはいました。

せっかくいい案件を見つけていただけに、残念ですが仕方ありません。

もちろん今回は契約をせず、後ろ髪を引かれながら店を後にすることになりました。

前編はここまでです。

後編にて、特価BLになった要因の予想や今後の対応について考察していきます。

ドコモへMNPしようとしたところ、月々サポート、端末購入サポート等のドコモの割引施策が適用されない、所謂特価BLの判定が下されてしまいました。そのいきさつと今後取るべき対応についてご紹介したいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする