DMM FXよりオトクなDMM CFDの申し込みで9000ポイントゲットする方法

ポイントサイトでは広告を利用してポイントを稼ぐことのできる案件が多くありますが、中でも大量のポイントがゲットできるのは、FX口座関連の案件です。

ポイントサイト経由でFX口座を開設し、多少の取引を実施すると1万円前後相当のポイントが稼げます。ポイントサイトのFX案件にはどのようなものがあるか、また、ポイント獲得するための条件についてご紹介します。

今回は、FXではありませんが、取引方法がFXと非常によく似ており、ポイントサイトで高額のポイントがもらえるDMM.com証券のDMM CFDについてご紹介します。

DMM.com証券のFX関連のサービスとしては、DMM FXとDMM CFDの2種類があります。

以前はDMM FXのほうがポイントが高い状況でしたが、最近はDMM FXの口座開設で得られるポイントが4,000円相当に下がってしまっていますので、相対的にDMM CFDのほうがオトクな状況になっています。

また、DMM FXを申し込んだことがある人はDMM CFDをポイントサイトで申し込んでもポイントが得られなくなっていますので、DMM FXを始めたい人であっても、先にDMM CFDをポイントサイトで申し込んでポイントを獲得してからDMM FXを申し込んだほうがトータルでオトクではないでしょうか。

私は以前、DMM FXのポイントが高かったときにDMM FXを口座開設したため、DMM CFDの口座開設ではポイントが付きませんが、DMM CFDの口座を開設してみました。

DMM CFDの申し込み方法や取引方法について、ご紹介していきます。

CFDとは

投資の初心者の方の多くは(私もそうですが)、CFDが何かをご存知ない方がほとんどだと思います。

DMM.com証券のホームページには、CFDについて以下のように記載されています。

CFDは、現物株・株価指数・業種別指数や、商品・債券などの市場での値動きをそのまま反映しながら、実際に現物株(原資産)等を所有することなく、原市場と同様の取引ができ、かつその売買価格の差が損益になるという取引です。

利益を得るには高く売って安く買う。または安く買って高く売る。更には金利や配当金等によって利益を得る方法があります。
CFD取引は、実際に預け入れた資金の何倍もの取引が行える為、少ない資金で大きな利益を得る可能性がある反面、予想と逆に相場が変動した場合には損失を被るおそれがあり、投資元本を超える損失を被る可能性もあります。CFD取引はハイリスク・ハイリターンの取引といえます。

FXと同じように、資金の何倍もの取引を行って市場での値動きで利益を得る、ということですね。FXでは対象が外貨ですが、CFDの場合は「現物株・株価指数・業種別指数や、商品・債券など」ということで幅広くなっています。

また、DMM CFDは取引手数料はかかりませんが、FXの場合と同じように「スプレッド」が設定されており、手数料代わりとなっています。

ハピタスから申し込む

DMM CFDを取り扱っているポイントサイトはいくつもありますが、以下の案件比較の記事のように、ハピタス経由だとドットマネーに交換してさらにポイントの価値を増やすことができます。

FX口座を開設する際はポイントサイト経由で申し込むと大量のポイントが稼げます。ただ、どのポイントサイトを経由すればオトクなのか、ポイント額だけではなく、ポイントサイト毎のポイント獲得条件も比較したうえで選択する必要があります。本記事では、FXの類似案件として「DMM CFD」の口座開設について、各ポイントサイトのポイント数とポイント獲得条件を比較しています。

獲得ポイントは9,000pt(9,000円相当)、ポイント獲得条件は「新規口座申込み後、60日以内に初回一括5万円以上の入金、新規1Lot以上のお取引」です。

JPN~JPN225間のスプレッドは7円ですので、注文後に即時決済し、相場の変動の影響がなかったと仮定すると、1Lot=10単位ですので、7×10=70円の出費ということになります。

為替の変動を考えてもう少し出費があるかもしれませんが、9,000円分のポイントがもらえることを考えると悪くないかと思います。

まだハピタスの会員になっていない方はここ(↓)から申し込めます。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

申込み手続き

申込み手続きは他のFX系の口座と同様で、他の口座開設を経験されたことのある方なら特に迷うことはないでしょう。

もちろん、初めての方にとっても難しい話ではありません。申込みに必要な事項を入力し、本人確認書類を提出するだけです。

以下、順にご説明します。

ポイントサイトを経由し必要事項を入力

上記画像にあるハピタスの「DMM CFD」の紹介ページから、「ポイントを貯める」ボタンをクリックし、DMM CFDのサイトに移動し、「口座開設(無料)はこちら」のボタンをクリックします。

口座開設申込みの画面で、「契約締結前交付書面、各種重要事項の承諾」の書面を確認し承諾します。

その後、以下の内容を入力します。

  • 氏名(漢字、フリガナ)
  • 性別選択
  • 生年月日
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 住所
  • 職業
  • 年収、自己資産、投資資金が自己資産かどうかの選択
  • DMM.com証券からの案内メール送付を希望するかどうかの選択

必要書類の提出

上記申込みが完了したら、マイナンバー書類、本人確認書類を提出する必要があります。

提出方法としては、アップロードフォーム・メール・郵送・FAXから選択できます。

郵送、FAXはそれなりに時間がかかるので、アップロードがおススメです。

本人確認書類は顔写真のあるもの(運転免許証、パスポートなど)は1つだけ、顔写真のないもの(健康保険証、住民票の写しなど)は2つ提出する必要があります。

また、マイナンバーカードをお持ちの方はマイナンバーカードを提示すれば本人確認書類は不要です。

口座開設までの日数

私の場合、既にDMM FXの口座を持っており、それにDMM CFDの口座を追加で申し込む形なのであまり参考にならないと思いますが、口座開設自体はすぐに終わりました。

参考までに、かかった日数は以下の通り2日です。

・口座追加開設申込み 1/21

・「口座追加開設完了のお知らせ」メールを受領 1/23

⇒口座に入金し取引開始。

ちなみにですが、DMM FXを申し込んだ時は、申込みから取引開始まで1週間もかかりませんでした。

取引方法

口座開設が完了したら、取引を開始です。

入金

取引を開始するために、まずは入金が必要です。

ハピタスのポイント獲得条件としては初回に一括で5万円以上の入金が必要です。

なので、数回に分けて5万円を入金したとしても条件を満たさないということになりますので、必ず初回に5万円以上入金するようにしましょう。

入金はインターネットバンキングを用いて、各金融機関からダイレクト入金で実施します。

インターネットバンキングはFXや証券会社の取引ではどこでも使うことになるため、インターネットバンキングを申し込まれていない方は、ご利用になられている金融機関でインターネットバンキングの利用申し込みを済ませておきましょう。

DMM CFDでのダイレクト入金を実施するには以下の通りに実行します。

  • DMM CFDのマイページにログイン
  • CFD取引ツール「DMM CFD ADVANCE」を起動
  • 取引ツール画面下部の「入出金」をクリック
  • 「クイック入金」で金融機関を選択し、入金金額を入力
  • 選択した金融機関のページに遷移するので、画面の指示に従って入金指示を実行

取引開始

入金が終わりましたら、いよいよ取引を開始です。

DMM FX/CFDのマイページにて、CFD取引ツールを起動します。

CFD取引ツールは2種類ありますが、ここでは「DMM CFD ADVANCE」でご説明します。

また、銘柄は「JPN225/JPY」を選択するものとします。

  • 銘柄として「JPN225/JPY」を選択。
  • 数量が「1lot」になっていることを確認
  • 「売Bid」の青いボタンか「買Ask」の赤いボタンをクリック
  • 「JPN225/JPY一括決済」のボタンをクリック

上記を実行すると1lotの取引完了で、ポイント獲得条件達成です。

これだけですので、難しいことは何もありません。

まとめ

今回は、ポイントサイトのハピタスの「DMM CFD」の広告サービスを利用して「DMM CFD」の口座を開設し取引を実施する方法をご説明しました。

取引画面は操作が直感的でわかりやすく、レスポンスも早くて使いやすいと思いました。

ハピタスのポイント獲得条件は1lotの取引完了ですので、条件達成も非常に簡単です。

取引ツールの使いやすさから考えても、ポイント獲得条件達成後もCFD取引を続けたい人にもオススメできるかと思います。

ポイントサイトについてはこちら。

ポイントサイトを利用すれば家に居ながら、元手もかからずに換金可能なポイントを集めることができ、楽な副業の定番です。ハピタスやモッピーなどのポイントサイトを利用して賢く稼ぐ方法、そして、手っ取り早く稼ぐための黄金ルートを本サイトではご紹介します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする