オトクなクレジットカードはこれだ!

当サイトでは、ポイントサイトでポイントを効率的に貯める(稼ぐ)方法についてご紹介してきましたが、ポイントサイトだけではなく、普段の生活の中でも、お買い物などでポイントは集めることができますよね。

ただ、付与されるポイントは買い物をした金額の0.5~1%前後がせいぜいですので、私はこれまでクレジットカードのポイントなど、ほとんど気にしてきませんでした。

ですが、よく考えてみると、たとえ1%とはいえ、仮に家計の支出の全てをカード払いにしたとすると、年間で数万円にはなってしまうことになり、それを見過ごすことはもったいないと思うに至りました。

年間の数万円が安いか高いかは意見が分かれるところもあるかもしれませんが、普通に生活しているだけで数万円もらえるのであれば、それを貰わないでいるのはもったいないと感じます。

本記事では、クレジットカードのポイントを効率的に集めるために、使うカードの決定に至るまでに検討した内容をご紹介します。

高還元率カード

カードの見直しを始めて、いろいろ調べてみると、ポイント還元率が常に2%に達するような高還元率のもので今から申し込めるものは見つかりませんでしたが、それでも1%~となるカードはいくつか見つかりました。

私が今まで主に使っていたのは、ポイント還元率が0.5%のものでしたので、1%でも十分に魅力的ではあります。

そんななかでも特に魅力的に思える、年会費無料で還元率が高いカード(2017年9月現在)には以下のようなものがあることがわかりました。

P-one Wizカード

  • 基本還元率:1.5%(自動1%OFF + ポケットポイント ⇒Tポイントへ交換で0.5%)
  • 年会費無料
  • ブランド:Master、VISA、JCB

ポイントが1.5%貯まるというわけではなく、カード会社からの請求額が1%割引になるのと、Tポイントを加えると1.5%相当という、ちょっとユニークな特徴があります。

年会費無料で『自動1%OFF』&『ポイント』。業界最高水準の高特典機能を兼ね備えた支払自由型カード、P-one Wizをご紹介しています。

REXカード

  • 基本還元率:1.25%
  • 年会費無料
  •  海外旅行傷害保険(2,000万円)、国内旅行傷害保険(1,000万円)付帯
  • ブランド:VISA

REXカードは少し前まではポイント基本還元率が1.5%だったのですが、1.25%に下がってしまいました。

ただ、他のカードも全体的に還元率が下がる傾向にあるので、相対的に見て1.25%はオトクな部類になると思います。

クレジットカードのジャックス公式サイトです。こちらのページでは、最高水準のポイント還元率REX CARD!!いつでもどこでも還元率1.25%についてご紹介しております。

DCカード Jizile

  • 基本還元率:1.2%
  • 年会費無料
  • リボ払い専用カード(但し、初回支払時の手数料は0円)
  • 毎月の支払額を5千円・1万円・2万円・3万円・4万円・5万円から選択可能
  • 海外旅行保険付帯(1,000万円)
  • ブランド:Master

リボ払いで2回目以降の支払時に手数料がかかるので要注意ですね。

また、少し前までは基本還元率が1.5%でしたが、いつの間にか1.2%に下がってしまったのが残念です。

何故かdカードの採用決定

上記のような高還元率カードは年会費も無料でありオトクですが、他にもいろいろ検討した結果、結局、「dカード」を選ぶことにしました。

dカードの主な特徴を挙げると、以下の通り。

  • 基本還元率は1.0%と、まずまず。
  • 年会費無料(2年目以降は1年間一度も使わない場合、年会費1,350円)
  • ローソン、マクドナルド、ENEOS、などなど、多くの提携店ではポイントUP。2%~5%とかなりオトク。
  • 2年前のdカード登場後、サービスが拡大されており、今後のサービス向上も期待できる。
  • 数年前、ケータイの契約時にDCMXカードを契約し、それが移行されたdカードを既に持っていた。

P-one Wiz以外のカードは以前は還元率がもっと高かったものがだんだんと低くなっているのに比べ、2年ほど前にDCMXカードから移行されて新しく生まれ変わったdカードは、逆に今後の発展が見込めそうであり、ポジティブな印象を受けます。

まあ、採用の要因として最後の点が一番大きい気も若干しますが(?)、我が家ではしばらくdカードを利用していきたいと思います。

dカードはドコモのクレジットカード。ポイントカードも電子マネーもこれ一枚で便利!dカードは年会費初年度無料!dカード GOLDはdポイントがさらにたまりやすく、便利でおトクな特典もあります!オンラインで簡単にお申込みできます。

使い方によって、オトクなカードは人それぞれと思いますので、カード選びの際に少しでもお役に立てればと思います。

少なくとも、年会費無料のカードで1%以上のポイントは普通にもらえますので、ポイント還元率0.5%のものを使い続けたり、現金払いに固執するのはもったいないなぁと思う今日この頃です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする